資金調達の速達~最短3時間で資金化できるファクタリング

資金調達の速達

「資金調達の速達」のファクタリングは、最速3時間で売掛金を現金化できます。資金調達の速達は、2社間と3社間ファクタリングに対応しており、個人事業主も利用できます。資金調達の速達のファクタリングについて、公式ウェブサイトの情報を以下の表にまとめました。

買取手数料非公開
即日入金
2社間(二者間)
3社間(三者間)
買取可能額非公開
非対面契約
個人事業主の利用
審査時の必要書類非公開
債権譲渡登記必要
運営会社誠和キャピタル株式会
目次

「資金調達の速達」のメリット

資金調達の速達の特長を紹介します。

最短3時間のスピード買取してくれる

資金調達の速達は、最短3時間で請求書を現金化できます。昨今では、即日入金のファクタリング会社も珍しくなくなってきましたが、その中でも、資金調達の速達の振込スピードは最速クラスです。

2社間と3社間の両方に対応している

売掛先に通知されずに利用したいなら2社間ファクタリングが良いけれども、手数料が安い3社間ファクタリングも捨てがたい。そのように思っている方も多いでしょう。資金調達の速達であれば、両方に対応しているため、柔軟に契約内容を選択しやすくなっています。

「資金調達の速達」のデメリット

資金調達の速達の、あまり優れていない点も紹介します。

公式ホームページの情報量が少ない

資金調達の速達について、公式ホームページで情報収集してみましたが、他のファクタリング会社に比べると公開情報が少ないのが気になりました。手数料や買取価格の上限など、見積り依頼をする前に知っておきたい内容も、公式サイトには書かれていません。もったいないと思います。

オンラインで完結できない

最近のファクタリング会社では、審査だけではなく契約手続きもオンライン、つまりはインターネットで完結できるサービスが増えてきています。資金調達の速達は、出張買取もしてくれますが、オンラインで契約できるという記載がありませんでした。コストと手間を考慮すると、やや物足りない印象です。

債権譲渡登記が必要

債権譲渡登記とは、債権を譲渡した記録を法務局に保存する仕組みです。登記するには費用がかかり、代表的なコストは、法務局に支払う登録免許税と司法書士に支払う報酬です。その費用を負担するのはファクタリング会社ですが、買取手数料が高くなってしまいます。費用の面でも問題がありますが、登記してしまえば第三者でも記録を閲覧できるようになるため、2社間ファクタリングで契約したとしても、取引先にファクタリングの利用を知られてしまう可能性が少なからず存在します。資金調達の速達では、原則として登記が必要で、不要にしたい場合は応相談とのことです。

「資金調達の速達」の口コミと評判

「資金調達の速達」の公式ウェブサイトには、お客様の声として以下のように紹介されていました。

  • 資金調達額3000万円、鹿児島県の製造業の方

    赤字決算で社会保険料も滞納している状態で、ファクタリングの利用が初めてで不安でした。担当者の方が親切丁寧に対応してくださり、安心して資金調達できました。

  • 資金調達額680万円、岩手県の運送業の方

    過去に3社のファクタリング会社にお願いしたことがありますが、その中でも最も費用が安く、請求書の額面の9割を買い取ってもらえました。

  • 資金調達額180万円、愛知県の建設業の方

    銀行やノンバンクからの借入限度額に達しており資金調達に困っていました。私は忙しく時間がとれなかったのですが、会社に出張してきてくれて無事に資金繰りを改善できました。

「資金調達の速達」の運営会社

「資金調達の速達」を運営している企業は、誠和キャピタル株式会社です。本社の所在地は、 東京都豊島区池袋二丁目47番6号 第二オンダビル2階にあり、代表者は柏崎政則さんという方です。

目次
閉じる