LINK(日本ビジネスリンクス)の口コミ、必要書類、審査、注意点

LINK資金調達サービス

LINK資金調達サービスは、最短2時間で現金化が可能で、買取手数料が2.0%~14.9%のファクタリングサービスです。申込から契約までオンラインで完結し、来店の必要がありません。「AI」により、10秒で手持ちの売掛金を無料査定できるシステムをサイト内で設けており、利用者にとって資金繰りの目安となるでしょう。LINK資金調達サービスのファクタリングの特徴や利用方法、優れた点や注意点、評判や口コミについて紹介します。

目次

LINK資金調達サービスの口コミと利用者の声

引用元:LINK資金調達サービス

LINK資金調達サービスのファクタリングの口コミ、利用者の声を紹介します。

利用者の声

まずは、公式サイトに掲載されていた利用者の声について、調達金額と業種とあわせて紹介します。

調達金額:3500万円(法人:建設業)

銀行で融資の申し込みも税金滞納のため断られました。毎月月末に外注先に支払いをしている分がこのままだと払えなくなってしまうので、LINK資金調達サービスを申込みました。翌日3,500万円を買い取ってもらい、外注先への支払いまで余裕をもって資金調達ができました。

調達金額:220万円(個人事業主:建築業)

ファクタリングの利用が法人のみの会社が多く、他社でファクタリング取引をしていたので、「個人事業主でも申し込みができますか?他社でファクタリング利用中でも大丈夫ですか?」と問い合わせました。LINK資金調達サービスでは、売掛金さえ保有していれば、個人事業主でも利用可能で、競合他社から乗換えも積極的に対応してくれることでした。事業所が遠方ですので(熊本県)、電子契約で即日220万円買い取ってもらえました。

調達金額:800万円(法人:製造業)

新規案件が舞い込み、これを機に資金繰りに不安があったため、今までためらっていた新規設備資金を銀行に融資の相談をするも門前払いされました。背に腹は代えられないとLINK資金調達サービスを利用し、売掛金を800万円で買い取ってもらい、設備導入および新規案件を受けることができました。

口コミ

口コミには次のようなものがありました。

苦労はしたが、条件は希望通り

今回のファクタリングでは売掛先の他に、当社の開発ソフトの将来性も審査項目に加えられました。その判断材料として事業計画書を提出し、数度の交渉を経て、何とか当社の希望する条件下で売掛債権を引き取って頂きました。 事務工程は多かったものの、それに見合う取引内容です。

いろいろ調べましたが、こちらがベターだと思いました

初めてファクタリングを行う場合は、入念な調査を推奨します。 その入念な調査の結果、私はここに決めました。入金サイトが長くても料金が安く、個人事業主が利用する上で適切だと判断したからです。

10万円から利用できることが魅力

フリーランスとして独立して日も浅く、資金がショートしそうでしたが、無事に乗り切ることができました。 独立から間もないため、売掛先との取引実績も少なく、売掛金の額も小さかったのですが、無事に売掛金を買い取ってもらうことができて感謝しています。特に10万円の少額債権でも対応してもらえたのは有り難かったです。

LINK資金調達サービスとは?

引用元:LINK資金調達サービス

LINK資金調達サービスのファクタリングは、株式会社日本ビジネスリンクス(JBL)が運営するオンラインファクタリングサービスです。対象事業者は法人・個人で、2社間ファクタリング、3社間ファクタリングともに利用できます。買取可能金額は最大1億円ですが、より多くの買取を希望される場合については相談が必要です。

【LINK資金調達サービスの概要】

項目内容
買取手数料2.0%~14.9%
即日入金○(最短2時間)
2社間(二者間)
3社間(三者間)
買取可能額1億円まで(最低買取可能額は非公開)
非対面契約
個人事業主の利用
審査時の必要書類
  • 買取対象の請求書
  • 身分証明書
  • 決算書(直近1期分)
  • 通帳全て
  • 当座通帳照合表 (過去6ヶ月)
  • 取引先との成因資料(基本契約書、契約書、発注書、注文書、納品書、支払通知書、請求書など)
  • ※審査結果により追加資料が必要になる場合があります)
債権譲渡登記原則必要(応相談)
運営会社株式会社日本ビジネスリンクス

LINK資金調達サービスの特徴

LINK資金調達サービスのファクタリングの特徴として、次の5点があります。

  • 最短2時間で資金化が可能
  • 「AI」オンラインで10秒査定
  • ファクタリング他社から乗換え査定
  • オンラインファクタリングで資金調達が可能
  • 誰にも知られずに資金調達が可能

順番に説明します。

最短2時間で資金化が可能

最短2時間で、申込から審査、見積もりの提示、契約および入金が可能です。銀行の融資なら審査に1ヶ月近くかかりますが、LINK資金調達サービスなら、最短2時間で資金調達できます。急に費用が必要となった場合、LINK資金調達サービスは利用者にとって心強いサポーターであると認識するでしょう。

「AI」オンラインで10秒査定

売掛金を保有してはいるものの、LINK資金調達サービスはいくらで買い取ってもらえるのか、事業者は不安ではないでしょうか。LINK資金調達サービスは、Webサイト上で、事業者が手持ちの売掛金をいくらで買い取り可能であるかを査定しています。以下の5項目をクリック、入力するだけで、概算の査定結果が表示されます。

  • 売掛先の事業形態
  • 売掛先の企業規模
  • 売掛先への請求金額
  • 売掛先との取引状況
  • 契約書の有無(売掛金の発生が確認できる成因書類)

時間にしておよそ10秒。買取金額の概算査定結果が表示されるので、事業者は資金繰りの段取りが立てやすくなるでしょう。

ファクタリング他社から乗換え査定

LINK資金調達サービスは、他社でファクタリングを利用している事業者が乗り換えを希望している場合、利用手数料の引き下げを提示しています。他社を利用しているものの、手数料に疑問を感じている事業者は、LINK資金調達サービスに相談してはいかがでしょうか。

オンラインファクタリングで資金調達が可能

LINK資金調達サービスは、申込から契約まですべてオンライン上で完結するシステムを導入しています。契約には、弁護士ドットコム株式会社が運営するクラウドサイン契約システム「クラウドサイン」を用いて電子契約を締結します。万全なセキュリティ対策がなされており、情報が外部に漏れることは一切ありません。

誰にも知られずに資金調達できる

利用者が、LINK資金調達サービスとの契約である2社間ファクタリングを選択した場合、売掛先をはじめ、ファクタリング利用を誰にも知られずに資金調達が可能です。LINK資金調達サービスのファクタリングは、償還請求権のないノンリコース型のファクタリングです。売掛先が倒産等により、回収不能となった場合でも、利用者が売掛先に代わってファクタリング会社に入金する必要はありません。

医療ファクタリングにも対応している

医療ファクタリングとは、診療報酬債権、調剤報酬債権、介護報酬債権を譲渡して資金調達する、3者間取引の一種です。LINK資金調達サービスは医療ファクタリングに対応しているため、病院、調剤薬局、介護サービス事業者も利用可能です。

LINK資金調達サービスの審査と契約の流れ

引用元:LINK資金調達サービス

LINK資金調達サービスのファクタリングを利用する場合、以下の順序で手続きを行います。

  1. 申込・必要書類の提出
  2. 審査・見積り書の提示
  3. 契約・入金
STEP
申込・必要書類の提出

LINK資金調達サービスを利用する場合、Webサイト内の「お申込フォーム」に必要事項を入力します。また、同時に必要書類を送信する場合、事前にPDF化しておくことが必要です。その他、必要書類はLINEやFAXでも送信できます。急ぎの場合、直接電話して問い合わせて確認しましょう。

※必要書類

  • 買取対象の請求書
  • 身分証明書
  • 決算書(直近1期分)
  • 通帳全て・当座通帳照合表
  • 取引先との成因資料(基本契約書・契約書・発注書・注文書・納品書・支払い通知書・請求書など)
STEP
審査・見積り書の提示

申込、必要書類提出後、LINK資金調達サービスは、売掛先の審査および簡単なヒアリングを行います。審査の結果によっては、面談が必要な場合もあるので覚えておきましょう。審査の結果、LINK資金調達サービスは申込者に見積り書の提示をします。

STEP
契約・入金

申込者は、LINK資金調達サービスから提示のあった見積り書の内容に問題ない場合、契約となります。契約締結した後、LINK資金調達サービスは、申込者の指定口座に買取金額から手数料が差し引かれた金額を振り込みます。

LINK資金調達サービスの優れた点

LINK資金調達サービスサービスのファクタリングの優れた点として次の4点があります。

  • 来店不要で現金化が可能
  • 最短2時間で入金可能
  • 低手数料で利用可能
  • 買取可能金額が最大1億円

来店不要で現金化が可能

LINK資金調達サービスのファクタリングは申込から契約までオンラインで完結するため、来店する必要がなく現金化ができます。契約も「クラウドサイン」という、弁護士ドットコム株式会社が運営しているサービスを使用しています。万全なセキュリティ対策が施されている電子契約サービスですので、個人情報が漏れる心配がないので、安心して契約が可能です。

最短2時間で入金してもらえる

LINK資金調達サービスのファクタリングは最短2時間で現金化が可能です。金融機関の融資の場合、申込から融資の実行まで1ヶ月前後かかる場合があります。急な出費が発生した場合、融資では対応できないかもしれません。LINK資金調達サービスでは、最短2時間で入金可能なので、事業者にとってはスムーズな資金調達が見込まれます。

低手数料で利用可能

LINK資金調達サービスは手数料が2%~14.9%でファクタリングを利用できます。通常、2社間ファクタリングでは、10%~20%が相場とされている手数料に比べ、低い手数料で利用可能です。また、ファクタリングは、手数料以外の費用として、事務手数料・出張費・登録費用等がかかるのが一般的です。LINK資金調達サービスは手数料以外の費用がかかりませんので、利用者にとっては経費の削減にもつながるでしょう。

買取可能金額が最大1億円

LINK資金調達サービスのファクタリングは買取金額の上限が1億円となっています。大規模なプロジェクトでサイトの長い売掛金を保有している事業者にはおすすめです。また、LINK資金調達サービスは、1億円より大きい金額についても相談に応じています。銀行では高額の融資は審査が厳しくなるので、LINK資金調達サービスのファクタリングを検討してみてはいかがでしょうか。

LINK資金調達サービスの注意点

LINK資金調達サービスのファクタリングを利用するにあたって、注意点として、以下の2点があります。

  • 即日入金が難しいケースがある
  • 土日・祝祭日には受付していない

即日入金が難しいケースがある

最短2時間で現金化が可能ではあるものの、申込の時間が遅かったり、必要書類に不備があったりすると、即日の入金が難しい場合があります。申込当日に現金化を希望する場合、遅くても午前中に必要書類をもれなく準備することをおすすめします。

債権譲渡登記が原則必要

債権譲渡登記とは、債権を譲渡した記録を法務局に保存する制度です。2者間取引の場合、売掛債権が二重譲渡されるリスクがあるため、ファクタリング会社によっては登記必須の場合があります。登記をすると第三者でも確認できるため、ファクタリングの利用を絶対に知られたくない場合には、登記はしない方が良いでしょう。LINK資金調達サービスは、債権譲渡登記が原則必要ですが、応相談とのことなので、登記したくない旨を伝えると良いでしょう。

土日・祝祭日には受付していない

平日忙しくて、土日・祝祭日に受付を考えている事業者もいるでしょう。LINK資金調達サービスは、受付時間は平日9:00~18:00で、土日・祝祭日は受付していないので注意が必要です。LINK資金調達サービスは、メールやLINE、FAXでは全国24時間・365日受付しています。平日に時間が取れない場合でも、土日・祝祭日にファクタリングの受付が可能です。

LINK資金調達サービスのよくある質問

引用元:LINK資金調達サービス

LINK資金調達サービスを利用するにあたって、よくある質問をまとめました。

買取金額の上限はありますか?

最大1億円まで買取可能です。それ以上の金額を希望する場合は事前相談が可能です。

申込した当日に入金されますか?

最短即日の入金は可能です。即日入金を希望する場合、できる限り必要書類を事前に準備しましょう。

来店しての契約ですか?

LINK資金調達サービスでは、申込から契約までオンラインで完結するので、来店の必要はありません。

個人事業主でも利用できますか?

売掛金があれば、法人・個人事業主問わず利用可能です。また、事業内容は問いません。

売掛先が倒産した場合、どうなるのですか?

LINK資金調達サービスは、償還請求権のない契約ですので、万一、売掛先が倒産して売掛金の入金がなくても、利用者が代わりに支払うことはありません。担保や保証人も不要です。

開業し1年未満の事業者でも利用できますか?

利用可能です。売掛金を保有する事業者であれば問題ありません。

銀行で融資を断られましたが、ファクタリングは利用できますか?

ファクタリングは、主に売掛先の信用状況や取引内容を審査するので、銀行で融資を断られたことがファクタリングの審査に影響を及ぼすことはありません。

オンラインでの契約ですが、個人情報が流出したりしませんか?

契約には、「クラウドサイン」という万全なセキュリティ対策が施されているクラウドサイン契約システムを使用しているので、個人情報が漏れることは一切ありません。

LINK資金調達サービスの運営会社

LINK資金調達サービスを運営する株式会社日本ビジネスリンクスの概要です。ファクタリングのみならず、補助金や助成金の申請、銀行融資の審査に向けたアドバイスの提供を行っています。新たな取引先を紹介するマッチングサービス等、コンサルティング事業も展開しています。

項目内容
会社名株式会社日本ビジネスリンクス
代表者宮田 久義
資本金1,000万円
本社所在地〒170-0013東京都豊島区東池袋一丁目35番11号 スタックスビル 601号
事業内容
  • 各種コンサルティング業務
  • ビジネスコンサルティングに関するデータベースの提供業務
  • 企業経営上の各種リスクの調査、分析、評価及びリスク回避のための相談業務
  • ファクタリング業務及びファクタリングに関するコンサルティング業務
  • インターネットのホームページに関する企画、制作及び管理業務広告媒体の企画及び制作
受付時間平日 9:00~19:00

まとめ

LINK資金調達サービスは、最短即日(最速2時間)で現金化が可能なファクタリングサービスです。法人・個人事業主のどちらの事業者もLINK資金調達サービスが利用できます。オンラインでのやりとりのため、申込から契約まで来店の必要がありません。契約も、万全なセキュリティ対策が施されている電子契約サービス「クラウドサイン」を使用し、情報漏洩の心配はありません。手数料は2%~14.9%で、一般的なファクタリング会社よりリーズナブルな設定です。買取金額は最大1億円のため、余裕をもって事業運営できるようになるでしょう。円滑な資金繰りのためにLINK資金調達サービスを検討されてはいかがでしょうか。

目次
閉じる