ファクタリングの「償還請求権」とは~リコースとノンリコースの違い~

ファクタリングの「償還請求権」~リコースとノンリコースの違い~

ファクタリング契約には、償還請求権つきの「リコースファクタリング」と、償還請求権なしの「ノンリコースファクタリング」が存在します。日本のファクタリング契約は、主として「ノンリコースファクタリング」です。今回は、償還請求権について簡単に解説します。

目次

償還請求権とは何か

「償還請求権(リコース)」とは、文字どおり「償還請求」する権利のことです。償還請求とは、手形や小切手に関する用語です。償還請求は、手形や小切手の支払いがなかったか、または支払いの見込みがなくなった場合などに、手形や小切手の所持人が支払いの代償を請求することを意味します。例)手形の所持人が、手形の裏書人に対して償還請求する

ファクタリングの「償還請求権」とは

ファクタリングの「償還請求」は、ファクタリング利用者がファクタリング会社に売却した売掛金が得意先の倒産などの理由で回収不能になった際に、ファクタリング会社からファクタリング利用者へ売掛金の代償を請求されることを指します。ファクタリングにおける「償還請求権」とは、その償還請求する権利のことです。

ちなみに、金融機関からの融資においても償還請求権ありの「リコースローン」と償還請求権なしの「ノンリコースローン」がありますが、日本の銀行からの借入は「リコースローン」です。

償還請求権のメリットとデメリット

一見すると、償還請求権つきのファクタリングにはデメリットしか無さそうですが、実はメリットもあります。

償還請求権つきファクタリング(リコースファクタリング)のメリット

償還請求権が無い(ノンリコース)ファクタリング契約(ノンリコースファクタリング)の場合、売掛金の貸し倒れリスクを負うのはファクタリング会社です。すると当然、ファクタリング会社はリスクを回避します。その回避方法の1つが、ファクタリングの手数料を高めに設定することです。つまり、償還請求権つきのファクタリング契約の方が、ファクタリング会社にとってはリスクがないため”手数料が低くなる”というのがメリットになるわけです。

償還請求権つきファクタリング(ノンリコースファクタリング)のデメリット

重要な点なので何度も繰り返しますが、ファクタリング利用者が償還請求権つきのファクタリング契約(リコースファクタリング)をした場合、売掛先が倒産などした際にファクタリング会社への支払義務が発生してしまいます。手元の資金に余裕がなかった場合、資金ショートしてしまう可能性があり経営に悪影響です。これは大きなデメリットですね。

リコースファクタリングを選んでもよい場合

償還請求権つきのファクタリング契約(リコースファクタリング)には、売掛先の貸倒れ時に支払義務を負うリスクがある一方で、手数料が低いために受け取る現金は大きくなるという嬉しい点があります。そのため、以下のようなケースであれば、償還請求権つきのファクタリング契約をするのも選択肢に入るでしょう。

売掛先の貸倒れリスクが低い場合

過去に支払遅延の履歴がない取引先や、一般的には信頼度の高い上場企業などへの売掛金を売却して資金調達するのであれば、償還請求権つきのファクタリング(リコースファクタリング)でも良いかもしれません。なぜなら、貸倒れリスクが低いからです。ただし、信用度はあくまで過去の実績であって、どんな会社であっても貸倒れリスクはゼロにはなりません。その点には注意しましょう。

ファクタリング利用後の資金繰りに余裕がある場合

万が一、ファクタリング会社に譲渡した売掛金が回収不能になっても、ファクタリング会社からの償還請求があった場合に支払いができれば問題ありません。手元の現預金にそれだけの余裕があれば良いのです。いつもは資金繰りに問題がなく、たまたま何かしらの理由で短期的に資金ショートしてしまうのを避けるためにファクタリングを利用したとします。利用後は、また資金繰りに通常どおりに戻っていれば、償還請求があっても心配ありません。しかし、将来の資金繰りの予測が外れてしまうと、償還請求があったときに困る可能性もあります。※そのときに、また別のファクタリング契約を締結して資金調達するという手段もありますが。

偽装ファクタリングのリスクに注意

償還請求権つきのファクタリング契約の場合、偽装ファクタリングの可能性もあります。売掛金の売買契約を交わしたつもりでも、契約書の中身が「金銭消費貸借契約(要は借金)」になっていると大変です。よく確認しましょう。

ファクタリングの償還請求権まとめ

償還請求権つきのファクタリング契約(リコースファクタリング)と、償還請求権なしのファクタリング契約(ノンリコースファクタリング)について解説しました。どちらを選ぶのかは検討の余地がありますが、日本のファクタリング契約の主流は「ノンリコースファクタリング」、つまり償還請求権なしのファクタリング契約です。そのことを知らず、仕方なく「リコースファクタリング」の契約を締結してしまったり、契約書をよく読まずに契約してしまうと、意図しないリスクを負担することになりかねません。まずは、ファクタリング会社のホームページで「償還請求権なし」かどうかを確認した上で、念のためファクタリング会社にその旨を質問し、最後は契約書に償還請求の記載がないことまでを確認するようにしましょう。

おすすめのノンリコースファクタリング

ノンリコースのファクタリングで、手数料を抑えてすぐに事業資金を調達したいなら、QuQuMo(ククモ)がオススメです。担保も保証人も不要で、手数料は1%~、最短2時間での入金に対応しています。

目次
閉じる