ファクタリングは、税金の滞納、赤字決算、債務超過、ブラックでも契約できる理由

ファクタリングは、税金滞納、赤字決算、ブラックでも契約できる理由

ファクタリングサービスを提供する会社のホームページで「税金を滞納していても利用できます」といった説明がよくされています。その他、決算が赤字だったり、債務超過だったり、信用情報がブラックでもファクタリングで資金調達ができる可能性があるのを知っていますか?今回は、ブラックでもファクタリングで資金繰りの改善が可能な理由について紹介します。

目次

ファクタリングで審査されるのは売掛先だから

ローン(融資)での資金調達に慣れていると、審査=自分の信用情報の調査だと思いがちです。しかし、ファクタリングで審査されるのは、信用情報機関に登録されている売掛先の情報です。自分ではなく取引先が審査されるのが、ファクタリングと借入の最大の違いと言っても良いでしょう。

ファクタリングは融資ではないから

ファクタリングを銀行からの融資と同じものだと考えている方もいますが、ファクタリングを利用しても、あなたがファクタリング会社からお金を借りることはありません。借金ではないのです。あくまで、あなたとファクタリング会社の間で、売掛金の譲渡(売買)の契約を結んで(ファクタリング会社に売掛金を買い取ってもらって)早期に現金化するという手法であり、負債が増えることはありません。それゆえ、審査されるのが売掛先の企業になるのです。参考)ファクタリングの仕訳と会計処理

※ファクタリングを装った売上債権担保融資に注意

ファクタリングは融資ではありませんが、売掛金を活用した資金調達の手法に「ABL(売掛債権担保融資)」があります。文字どおり、売掛金を担保にしてお金を借りる方法です。この手法自体に問題はなく、利用できるのであれば検討しても良いかもしれません。ただし、ABLを「ファクタリング」と信じ込ませて契約させようとする悪徳業者には注意が必要です。ファクタリングとABLは全くの別物であり、ABLは融資のため利用すると負債が増えます。ABLを提供する事業者には、貸金業法の免許も必要です。

あなたがブラックでもファクタリング会社には関係ないから

重要な点なので繰り返しますが、ファクタリングでは、あなたの取引先が審査されます。それゆえ、仮にあなたの信用情報がブラックリストに入っていたとしても問題にはなりません。あなたが税金滞納、赤字決算、債務超過だったとして関係ないのです。極端な例ですが、あなたの信用情報ががブラックだとして、売却したい売掛金の取引先が信用度の高い大企業だとします。すると、ファクタリング会社から見れば、あなたは良好な取引先になる可能性が非常に高いのです。

ファクタリングサービスの比較時に考慮する必要はない

ファクタリングサービスを比べて検討するときに「ブラックリストに入ってても利用できるか」という条件を考えるのは不要です。なぜなら、ファクタリングは一般的に、利用者がブラックでも問題ないからです。ホームページで「債務超過していても利用できた」というような顧客の声が紹介されている場合もありますが、それが普通なのです。それでもホームページに記載しているのは、ファクタリングで自分が審査されると誤解している方が多いからです。

ファクタリングで審査NGは複雑な心境

ファクタリング会社に売掛金を譲渡するにあたり、ファクタリング会社によって売掛先の信用情報などによって審査結果が出ます。当然、審査でNGが出てしまうこともあります。それが何を意味するのかと言えば、残念ながら、あなたの取引先からの売掛金には未回収リスクの懸念があるということです。ファクタリングの審査で落ちても、あなた自信の信用度を心配する必要はありませんが、取引先に問題がるというのは今後の取引で心配になりますね。もちろん、信用情報の調査以前に、売却したい売掛金の金額が少なすぎたり高すぎたりしたから審査に落ちる(厳密に言えば審査以前の問題ですが)こともあります。

個人事業主あての売掛金は利用できない

やや余談ですが、「個人事業主でも利用できる」ファクタリング会社であっても、あなたの売掛先が個人事業主の場合は利用できない場合がほとんどです。あなたが個人というのと、取引先が個人事業主(フリーランス含む)というのは意味合いが異なります。注意しましょう。

ファクタリングとブラックまとめ

あなたが、税金滞納、赤字決算、債務超過、ブラックリスト入りしていたとしても、ファクタリングを利用できる可能性があることについて紹介しました。金融機関に融資を断られた場合でも、資金調達を諦める必要はありません。複数のファクタリング会社に相談して相見積もりをとって、総費用が安いファクタリングで資金繰りを改善しましょう。

電ふぁくのバナー正方形
目次
閉じる