ファクタリングは個人事業主でも契約できる理由~おすすめの会社も紹介~

個人事業主でもファクタリングを利用できる

ファクタリングとは、あなたが保有する売掛金をファクタリング会社に売却して、早期に現金化する資金調達の手法です。このファクタリングを利用できるのは法人(企業)だけなのでしょうか。それとも、個人事業主でも活用できるのでしょうか。

目次

個人事業主でもファクタリングを使える

先に結論からお伝えすると、あなたが個人事業主であってもファクタリングを利用できる可能性があります。中堅~大企業に特化しているファクタリングもあるため、そういったサービスであれば例外ですが、中小企業向けのファクタリングであれば可能性があります。数十万円の少額の売掛金でも対応しているファクタリング会社もあります。

ファクタリングで審査されるのは売掛先

なぜ、個人事業主でもファクタリングを使えるのかというと、理由は簡単です。ファクタリングで審査されるのが、あなた自身ではなく売掛先だから。要は、売掛先の信用度が調査されるのであって、あなたの情報はあまり重要ではないのです(もちろん、ファクタリング会社とトラブルになった履歴があれば別ですが)。極端な話、あなたの決算が赤字、債務超過、税金の滞納などの状況でも、ファクタリングは利用できます。

創業して間もなくても問題ない

あなたが個人事業主で、開業してまだ間もなくても、ファクタリングの利用には問題ありません。最初の確定申告が終わっていなければ決算書もありませんが、そもそもファクタリング利用者の決算書は不要です。そこも、銀行からの借入と異なる点です。

事業の規模も問われない

ファクタリングで問題になるのは、得意先の信用度です。あなたが個人事業主で、売上の金額が少なかったとしても関係はありません。売掛金が間違いなく発生していて、回収期限を過ぎておらず、売掛先が信用できる企業であれば、売掛金を売却して資金調達できる可能性は高くなります。

ファクタリングでは保証人や担保が不要

金融機関に融資を頼む際に、連帯保証人や担保の差し入れを求められることがあります。個人事業主で担保になる資産を差し出すとすれば持ち家などになる場合がありますが、それは避けたいところです。ファクタリングであれば保証人や担保は必要ないため安心です。

個人事業主がファクタリングを利用するときの必要書類

ファクタリングの申し込み時の必要書類は、ファクタリング会社によって異なります。ただし、ほとんどのファクタリング会社では以下の書類が必要です。

  • 身分証明書(免許証など)
  • 入出金の通帳(Web通帳も含む)
  • 売却したい売掛金の請求書、売掛先との契約書

売掛先が個人事業主やフリーランスの場合は要注意

ただし、売却したい売掛金の売掛先が個人事業主やフリーランスの場合は、ファクタリングを利用できる可能性は非常に低くなります。あなたが個人事業主というのと、相手が個人事業主というのは意味合いが違うのです。繰り返しますが、ファクタリングで審査されるのは売掛先です。売掛先が法人であれば、ファクタリング会社も信用調査機関なので情報収集して審査がしやすいのですが、個人事業主やフリーランスの場合は、そういった調査が困難でリスクも高くなります。

他社で断られても別の会社に相談しましょう

ファクタリングの会社は世の中にたくさんあります。前に書いたとおり、対象顧客を大企業に限定しているような会社もありますが、一方で個人事業主や中小企業を主要顧客にするファクタリング会社も探せば数多く見つかります。個人事業主だから…と引け目を感じることなく、複数のファクタリングに相見積もりをとって、あなたが最も得をする契約を結んで、資金繰りを改善させましょう。

個人事業主も利用できるオススメのファクタリング会社

最後に、個人事業主やフリーランスの方でも契約できる、おすすめのファクタリング会社を紹介します。

手数料1%から、最速3時間で入金の「QuQuMo」

最短45分で振込、手数料1%からの「PayToday(ペイトゥデイ)

初回手数料の安さが魅力の「電ふぁく」

審査通過率が92%と高い「ベストファクター」

手数料が3%から10%の「フリーナンス」

手数料が一律10%の「ペイトナーファクタリング(旧yup)」

目次
閉じる