ファクタリングのTRY(トライ)~休日と夜間も電話相談を受付~

try

ファクタリングのTRY(トライ)は、最短で即日入金してくれる2社間ファクタリングのサービスです。手数料は10%~(他社からの乗り換えだと5%優遇あり)で、法人、個人事業主の両方が利用でき、申請の手続きを担当者がサポートしてくれます。ファクタリングのTRY(トライ)は、電話、メール、LINEでも相談を受け付けています。また、24時間365日、電話相談を受け付けてくれるのも嬉しいポイントです。

買取手数料10.0%~
即日入金
2社間(二者間)
3社間(三者間)
買取可能額10万円~5,000万円
非対面契約
個人事業主の利用
審査時の必要書類代表者の身分証明書、通帳、請求書
債権譲渡登記非公開
運営会社株式会社SKO

\TRYなら、土日祝日と夜間も電話相談を受付中!!/

目次

ファクタリングのTRY(トライ)のメリット

ファクタリングのTRY(トライ)の特徴を紹介します。一般的なファクタリングと同じく、審査されるのは売掛先のため、あなたの事業が赤字決算、税金や社会保険料の滞納があっても利用できます。銀行などからの借入、融資、ローンとは違い、担保や連帯保証人も不要で、ファクタリングを利用しても信用情報への影響はありません。起業したばかりでも活用できますし、売掛先が倒産しても返済義務や買戻請求権はなく、償還請求権もありません。ファクタリングのTRY(トライ)独自の長所は以下のとおりです。

他社からの乗換で手数料5%オフ

ファクタリングのTRY(トライ)の買取手数料は、10.0%からに設定されており、ファクタリング業界では決して安い手数料にはなっていません。ただし、他のファクタリング会社からの乗換の場合にかぎり、手数料が5%引きにしてくれます。他社からの乗換であれば、実質的な手数料は5.0%からとなり、業界でも決して高い手数料ではありません。もちろん、売上債権の内容や、売掛先の信用度によって手数料は変わります。実際の手数料は、審査を依頼するまで分かりませんので、気になる方はまずは審査を頼んでみましょう。

スピーディーに現金化できる

ファクタリングのTRY(トライ)は、最短なら24時間以内の入金に対応してくれます。即日現金化のスピードに強いこわだりがあるようで、ファクタリングの経験が豊かなスタッフを配置しているために、最短1日での資金化が可能になっているようです。

経験と専門知識が豊富なスタッフがサポート

ネットで完結するファクタリングであっても、入力方法や書類の記入方法が分からずに困ることがあります。ファクタリングのTRY(トライ)では、気軽に相談できるスタッフがおり、親切丁寧に対応してくれます。

誰にも知られず利用できる

ファクタリングのTRY(トライ)は2社間ファクタリングのため、売掛先に債権譲渡の通知をせずに利用できます。また、TRYは秘密の厳守を徹底しており、あなたの家族や社員に知られることなくファクタリングで資金調達できます。

インターネット上でも契約できる

ファクタリングのTRY(トライ)は、電話、メール、LINEで相談が可能なだけではなく、契約手続きもインターネットで完結できます。ただし、審査のときに面談が不要で、完全にオンラインで完結できるかどうかは、公式ホームページに記載がありませんでした。

24時間365日、電話で相談できる

ほとんどのファクタリング会社では電話相談を受け付けていますが、受付時間は平日の朝から夜といった時間帯に限られます。ファクタリングのTRY(トライ)は珍しく、24時間365日、土日祝日でも電話での問い合わせを受け付けています。急な資金調達が必要になったときに嬉しいポイントです。

\TRYなら、土日祝日と夜間も電話相談を受付中!!/

TRYのバナー

ファクタリングのTRY(トライ)のデメリット

ファクタリングのTRY(トライ)の短所も紹介します。

必要書類が何なのか分からない

ファクタリングのTRY(トライ)の公式ホームページには、必要書類の記載がありませんでした。問い合わせてみるまでは分からない、ということです。

債権譲渡登記に関する説明がない

同じく公式サイトには、債権譲渡登記の有無や、事務手数料について書かれていませんでした。登記が必要な場合、法務局へ納める印紙代(登録免許税)、司法書士へ支払う報酬といったコストが発生します。コストを負担するのはファクタリング会社側ですが、ファクタリング会社が費用を回収するために買取手数料を引き上げる懸念があります。TRYに問い合わせて、しっかり確認してみましょう。

ファクタリングのTRY(トライ)の必要書類

ファクタリングのTRY(トライ)の公式ウェブサイトには記載がありませんでした。

ファクタリングのTRY(トライ)の利用の流れ

ファクタリングのTRY(トライ)で資金調達する場合の流れは以下のとおりです。

STEP
相談・申込み

電話、メール(問い合わせフォーム)、LINEで、ファクタリングのTRY(トライ)に相談または申込みをします。

STEP
審査・無料見積り

ファクタリングのTRY(トライ)に必要書類を提出し、売却したい売掛金について審査してもらい、審査がOKであれば買取条件と契約内容を提示されます。

STEP
契約・入金

条件と契約内容に合意できたら、契約手続きをします。このとき、インターネットで完結できる契約手続きを選ぶと、手間も費用もかかりません。ファクタリングのTRY(トライ)では、弁護士ドットコムの「クラウドサイン」というサービスを使えます。契約手続きが完了すると、あなたが指定した銀行口座に代金が振り込まれます。

STEP
送金

売掛先から売掛金が入金されたら、すみやかにファクタリングのTRY(トライ)へ送金します。

ファクタリングのTRY(トライ)の口コミと評判

ファクタリングのTRY(トライ)の公式サイトでは、以下のように実績として紹介されています。

  • 資金調達額500万円 即日入金 建設会社の方

    過去にない大型受注があり、手元の資金では材料費や人件費の支払いができない状態になってしまいました。ファクタリングの利用を検討していたところ、取引先でTRY(トライ)を利用している方から話を聞いて、トライに問い合わせました。担当者から必要書類なども親切丁寧に説明してもらい、当日に資金調達できました。

  • 資金調達額500万円 2日で入金 製造業の方

    新商品を開発するための設備投資に資金が必要でした。銀行からの融資を希望していましたが、与信の枠が足りずに断念。他の方法で資金を調達することに。ファクタリングのことは何も知らず、ファクタリングを利用している同業者も知らなかったため不安でした。いくつかのファクタリング会社に問い合わせを知て、トライに決めた理由は、手数料が安かったからです。

  • 資金調達額65万円 即日入金 Webディレクターの方(個人事業主)

    大手企業からウェブサイトのデザイン制作を依頼されたのですが、プロジェクトの規模がこれまでより3倍も大きく、支払う人件費もかさんでしまいました。資金ショートは間違いなかったため資金調達が必要でしたが、法人ではないために銀行からの融資は期待できず、また支払日までの猶予もなかったためにファクタリングを申込みました。ファクタリングは取引先の信用力を評価してもらえるため、私でも利用できました。トライは個人事業主でも丁寧に審査してくれました。

ファクタリングのTRY(トライ)の運営会社

ファクタリングのTRY(トライ)を運営している会社は、株式会社SKOです。設立は2018年2月5日、本社の所在地は東京都台東区東上野2-21-1-4Fケーワイビルで、代表者は木村良太さんという方です。ファクタリング事業の他に、営業コンサルティング事業も展開されています。取引銀行にメガバンクの3銀行(三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行)が入っているのは安心かもしれません。

\TRYなら、土日祝日と夜間も電話相談を受付中!!/

TRYのバナー
目次
閉じる