地域別でファクタリング会社を選ぶ必要はない理由

地域別でファクタリング会社を選ぶ必要はない理由

ファクタリング会社を選ぶときに、最寄りの地域で探すことがあると思います。本サイトでも、エリア別にファクタリング会社を紹介していますが、そもそも近所のファクタリング会社を選ぶ必然性はあるのでしょうか。今回は、必ずしも地域でファクタリング会社を選択すべきではない理由について解説します。

目次

ファクタリングの契約で面談は不要だから

従前、ファクタリング会社の審査や契約手続きでは、来店であれば出張であれば、面談が必須になっていた時代がありました。その場合であれば、あなたの会社の近くにあるファクタリング会社を選ぶ必然性がありました。遠方だと出張費などの費用が発生するからです。しかし、昨今はファクタリングの契約手続きでも、面談を必須としない業者が増えています。

電話、メール、FAX、郵送でやりとりは十分だから

前述のとおり、ファクタリングの審査申し込み、契約手続きでの面談は、その必要性を失っています。請求書、身分証、決算書を提出する際には、メール、FAX、郵送で対応できる業者が多くなっています。審査前の問い合わせや相談について込み入った話をする際にも、電話で事足りるはずです。全国対応をうたっているファクタリング業者であれば、面談せずに済む可能性が高いでしょう。

契約手続きもオンラインで完結できるから

ペーパレス化、DX化が叫ばれる今の時代、契約手続きであってもオンラインで可能になっています。「クラウドサイン」を始めとした電子契約のサービスを利用すれば、自宅でも職場でも、どこにいてもファクタリング契約の締結が可能です。

手数料や最短入金スピードなどで比べましょう

以上のとおり、ファクタリング会社を所在地で決める必然性は非常に低くなっています。むしろ、重要なのは買取手数料がどれぐらいで、即日入金できるのか、信頼できるのか、といった情報です。そういった条件が等しいファクタリング会社が複数あって決め手がなければ、最後の最後に地域で決める、といった程度であれば問題ないでしょう。

参考)ファクタリング会社を比較するポイント

目次
閉じる