資金調達の3つの方法とは?メリットとデメリットについて簡単に解説

資金調達とは?3つの方法について簡単に解説

起業したとき、ビジネスを拡大するとき、運転資金が足りなくなった時など、事業を運営していると資金調達が必要になる場面が多々あります。資金調達の方法は、大きく分けると3つあります。投資してもらう、お金を借りる、資産を売却する、の3種類です。それぞれにメリットとデメリットがありますので、今回は資金調達の方法について簡単に解説します。

目次

投資してもらい資金調達する方法

誰かに自分の会社へ出資してもらい、資金調達する方法です。エクイティファイナンスとも呼ばれます。エクイティは英語の「Equity」で「自己資本」「株主資本」を意味しています。出資で資金調達する具体的な方法には、以下のような手段があります。

  • ベンチャーキャピタルやエンジェル投資家などから出資してもらう
  • 第三者割当増資などで増資する
  • クラウドファンディングで募集する

メリット

  • 投資してもらう場合には、お金を借りる時と違って、元本の返済義務や金利の支払いがありません。
  • 融資とは異なり、赤字決算でも、将来の成長に期待してお金を出してもらえることがあります。

デメリット

  • 自分がオーナーの会社の場合、第三者に支配権の一部を渡すことになります。その割合を間違えると支配権を奪われてしまいかねません。
  • 配当の支払は義務ではありませんが、実質的に配当支払が常態化している場合に、借入金の金利負担と変わらなくなります。お金の出し手から見ると、貸付金よりも出資の方がリスクが高くなるため、金利負担よりも配当の負担が重くなる可能性もあります。

お金を借りて資金調達する方法

中小企業や個人事業主にとって、最も一般的な資金調達の方法が「お金を借りる」手法でしょう。デットファイナンスという呼び方もされます。デットは英語の「Debt」で「負債」という意味です。お金を借りて資金調達する具体的な方法には、たとえば以下のような手段があります。

  • 民間の金融機関(銀行やノンバンク)や政府系金融機関からの融資してもらう
  • 地方公共団体の制度融資を活用する
  • 社債を発行して引き受けてもらう

参考)借入金の仕訳〜借り入れから元本と利息の返済まで解説〜
参考)社債とは何か~種類と株式との違いについて解説~
参考)負債とは何か~返済義務のある資金調達~

メリット

  • 投資に比べると、お金の出し手を探しやすい
  • 投資や資産売却に比べると手続きは比較的に手間がかからない

デメリット

  • 民間からの融資の場合、担保や連帯保証人を求められる場合がある
  • 元本の返済義務と、金利の支払義務が発生します。返済が滞ると口座を凍結されてしまう
  • 融資の場合、赤字決算が続いていたり、税金や社会保険料の滞納があると利用が難しい

資産を売却して資金調達する方法

手持ちの資産を売却して資金調達する方法です。たとえば以下のような方法があります。

  • 土地などの不動産を保有している場合に、その土地を売却する
  • 売上債権を売却する(ファクタリング)
  • 設備などを売却してリース契約して利用する(リースバック)

ちなみに、資産を英語では「アセット(Asset)」と呼びますが、資産を売却して資金調達する方法は「アセットファイナンス」とは呼びません。アセットファイナンスという言葉には別の定義があり、企業の保有資産から得られるキャッシュフローを返済原資とする資金調達の手法を意味します。イメージしやすいのは、不動産から得られるキャッシュフロー(家賃収入)を返済原資とした、不動産担保融資です。つまり、アセットファイナンスは、お金を借りて資金調達する方法の一種というわけです。なお、担保なしで企業の信用力でもって資金調達する方法を、アセットファイナンスに対して「コーポレートファイナンス」と呼びます。

メリット

  • 資産に価値があれば資金調達できる
  • 評価対象が基本的に売却する資産のため、自分の信用情報が悪くても大きな支障にはならない

デメリット

  • 資産の価値を算出したり、売却先との契約手続きに手間がかかる
  • 流動性が低い資産の場合、売買するのに時間、手間、コストがかかるために、急ぎの資金調達には向かない場合がある
  • 資産の評価額を超えての資金調達はできない(資産の価値が低ければ希望した金額を調達できない)

資金調達したお金の使い道と返済期間

借入金など「お金を借りる」方法で資金調達する場合に重要なのは、お金の使い道と返済期間を一致させることです。賞与支払いなどの短期的な資金需要であれば、返済期間が1年以内の「短期借入金」で調達します。設備投資などの長期的な資金需要には、返済期間が1年超の「長期借入金」で調達します(返済義務のない第三者から投資も選択肢に入ります)。

こういった運用が必要な理由も説明します。たとえば、設備投資のための資金調達をするとします。設備投資が事業に与える影響は長期に渡り、1年間で終わることは通常はありません。事業が拡大し、投資に使った資金を回収できる期間も長期間になります。そのため、設備投資の資金を短期借入金で調達してしまうと、返済する元本や支払利息を確保するまえに、支払期限が来てしまい、資金が足りなくなってしまうのです。

信用情報が悪くても利用できる「ファクタリング」

ファクタリングとは、売掛金(請求書)をファクタリング会社に売却して資金調達する手段です。資産を売却して資金調達する方法に含まれます。ファクタリングの場合、融資と異なり負債が増えず、赤字決算、税金滞納、債務超過の状態でも利用できる可能性があります。金融機関からの融資枠に余裕がなかったり、融資の申込みを断られてしまった場合でも活用できます。おすすめです。

目次
閉じる